アスペルガー 診断 子供

子供のアスペルガーを診断する材料とは

スポンサーリンク

 アスペルガーの診断はできるだけ早いほうが良いのですが、アスペルガーの症状が顕著に現れているかどうかは、子供の様子をじっくりと成長を見守りながら観察する必要があります。
小学校就学前では、親も周りの人も少し変わった子供として見ることが多く、性格によるものだとかいずれ落ち着くだろうといったように楽観視することが少なくありません。
他の子供にも活発な子がいたりして気が付きにくい部分があります。
小学校に入学するとそれまでとは違って、静かにしていなくてはいけないところで騒いだり、興奮したりと空気が読めないことが出てきます。
このくらいの時期になると、たいていの子は周りの雰囲気を読み取りなぜそうしないといけないのか理解して静かにしていられるのですが、アスペルガーの疑いがある子供は、静かにしている意味を汲むことができないのです。

スポンサーリンク

 

学校の先生は、これらの様子から少しずつ他の児童と違うことを認識していくようです。
親が気が付くとすれば一例として、保護者が多数集まる授業参観がひとつの判定材料になるかもしれません。
誰もが経験したことのある授業参観では、一般的に親に良いところを見せようといつも以上にかしこまって良い子でいる場合が多いです。

 

しかし、アスペルガーの疑いがある子はいつも以上に目立とうとしてルールを守らなかったり、授業の進行を妨げるような行動や言動を起こしてしまいます。
こういった場面での奇怪な様子が見られたら、担任ともよく話し合ってみましょう。
少しでも疑いがあるようならば、市町村の窓口でケースワーカーに相談してみることをおすすめします。
診断するのは医師ですが、小児科医でも内科医でもありませんので関係各機関との連携が厚い市町村の担当から紹介を受けることがアスペルガーを診断する初めの一歩となります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

子供のアスペルガーのチェックの方法
子供のアスペルガーのチェックの方法あれこれです。
子供のアスペルガー症候群をチェック
子供のアスペルガー症候群をチェックについてです。
アスペルガー症候群の幼児の診断テスト
アスベルガー症候群の症状の特徴や治療法や接し方あれこれです。