アスペルガーの子供が前向きになれる治療とは

スポンサーリンク
子供が学校で友達の輪に入れず孤立している、楽観視出来ないほどマイペースであるなど親として心配なことはありませんか。

性格なのかあるいは何か原因があることなのか迷うところです。
生まれ持っての脳の機能障害にアスペルガー症候群というものがあります。
人とのコミュニケーションが上手くいかずトラブルが続きます。
年齢に応じて身につくべき本音と建前が理解出来ず、思ったままを口にして相手に不快な思いをさせることがよくあります。
また相手の言ったことの理解が独特です。
だんだんと友達から孤立するようになり学校へ行きたがらなくなることもあります。

 

優先するべきことや予定の立て方が分からず学校だけでなく家庭でも生活がスムーズにいかないという特徴も見られます。

スポンサーリンク

困難な特徴があるアスペルガーですが、知能には問題がなく学習面では優秀な子供も多くいます。
親は育て方が間違っていたのかと自分を責めることがありますが、アスペルガーは育て方の問題ではありません。

 

現在のところ特効薬というものはありませんが、早期に発見し治療を始めれば徐々に改善されていきます。
専門の療育機関では9つの理念から構成されるTEACCHプログラムがあってその子に応じた支援が行われます。
また本人の治療だけでなく親のためのペアレントトレーニングもあります。
アスペルガーを理解し適した対応の仕方や褒め方、指示の出し方などを身につける訓練です。

 

家庭でできる治療としては前頭葉を鍛えることです。
お手玉やけん玉は遊びながら楽しく取り組めます。
毎日音読や簡単な計算をすることも効果的です。

 

子供がアスペルガーだと分かっても絶望することなく、前向きに治療を試してみましょう。
少しでも将来の生きやすさにつながるはずです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加