アスペルガー 3歳 特徴

アスペルガー症候群の3歳児の特徴は

スポンサーリンク
3歳児期は言葉をしゃべるようになり、自発的に動くようになる時期であることから、アスペルガー症候群であるとこの時期に診断される子どもも多いです。

 

そのようなアスペルガー症候群である3歳児の特徴にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

まず、注意しなければいけない点が、周りに友達がいるのにもかかわらず、友達と遊ぼうとしない、特に気をつけるのが遊びに誘われても頑なに一人遊びにこだわるという特徴です。

 

小さいころから一つの物事に対する執着心がとても強いという特徴がアスペルガー症候群にはあり、小さいうちにこの点に関しては気をつけておかないと成長してから人間関係を構築するのが苦手になったりするので積極的に友達と遊ぶ習慣をつけましょう。

スポンサーリンク

 

ですが、先述のとおり、一つの物事に対する執着心が強いという特徴があり、これは人が対象になることもあります。
そのため、一人の友達を気に入るとその子に執着してしまうことも3歳児であると少なくはありません。
そのようなことがあると友達にとって他の子と遊ぶことができなくなってしまうので疎ましい存在になってしまいます。

 

そのようなことがあるため、遊んでくれる友達を作ることは大切ですが、相手のことを気遣うこともしっかり親として教えなければいけません。

 

アスペルガー症候群であると遺伝性が強い傾向のある病気であるので、親子でアスペルガー症候群ということも少なくはありません。
そのような場合は小さいころ自分が苦労したことを思い出して、その点に注意して育てるようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加