アスペルガー症候群の大人としての接し方

スポンサーリンク
発達障害の中には、アスペルガー症候群があります。

発達障害の概念は、ここ10年ぐらいにみんなの間に行き渡っていて、専門医の間でも10年もっと言うと、ここ5年で始めて年金をもらう人が世の中にようやく出てきた段階になります。
他の人の理解は足りないというのは、ある意味ではやむおえない事になります。
なので多くの人がその事をどれぐらい苦しいものであるのか大人としての接し方が大切になります。
他の人から見ると、アスペルガー症候群の方は普通に見えます、ところが発達障害は病気で、特にコミニケーションやイマジネーションが不足をしますので、普通の人であると言わないような事を平気で言ったりするので他の人とトラブルになりやすくなります。

スポンサーリンク

アスペルガー症候群の症状は、なかなか理解されにくくトラブルになるケースが少なくありません。
この病気に対して理解のある方が、大人としての接し方をする事によって患者さんの苦しみは解放されます。
現代の精神医学でも特効薬もありません。
なのでこの病気に対しては、みんなに共有してもらう事の必要もあります。
統合失調症や知的障害と比べると、アスペルガー症候群の方は例えばパソコンが好きな方の場合ですと、普通の人よりすごい能力があります。
障がい者枠で雇われていても、一般の社員より仕事が出来る方もいます。
最近では障がい者枠でアスペルガー症候群などの発達障害の方を探している会社が増えてきているのも現実です。
なので発達障害は病気なのですが、ある種の才能でもあると考えて接し方には工夫をする必要があります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加