アスペルガー 特徴 子供

子供のアスペルガー症候群の特徴

スポンサーリンク

 アスペルガー症候群は先天性の脳の機能障害の一つになります。
この病気の子供における特徴は、言葉を使った社会的なコミュニケーションが苦手になります。
会話のキャッチボールが出来ないで一方通行になってしまう場合もあります。
他には表情を読むとか場の状況を読む事も苦手になります。
思ったことをそのまま言ってしまうのも特徴的になります。
このアスペルガー症候群は、自閉症と並んで主要な位置を占めています。
自閉症の場合は、言語の発達の遅れや異常が顕著なのが最も典型的な一例になります。
これにより重度の知的障害から正常知能まで幅が広いのが子供における特徴です。
これに対してアスペルガー症候群は流暢な言語表現のみられるタイプで知能は正常域にあることが多いのが特徴です。

スポンサーリンク

 

アスペルガー症候群の子供に多くみられる特徴としては、通常であれば直感的に理解できる話の文脈がピンとこない為に、コミニケーションがずれてしまう事があります。
他には特定の物に対して強い興味を持ちます、また特定の手順を繰り返すことにこだわります。
常道的な動作を繰り返すなど自閉症と共通する事もみられますが、興味をもった領域に関して膨大な知識をもつようになる事もあります。
例えば鉄道や天文学、地理、生物、コンピューター、インターネット、テレビゲームなどがあります。
また社会的な行動の中では、ルールや決まりごとに対しては頑なに守ります。
他者にルールの遵守を強要したりもします。
勝敗のつくゲームでは一番になる事にこだわり過ぎる事があり、みんながゲームを楽しめない問題が生じる事もあります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

アスペルガー症候群を持つ幼児の幼児期の特徴は
アスペルガー症候群を持つ幼児の幼児期の特徴は?についてです。
アスペルガー症候群の幼児の特徴
アスペルガー症候群の幼児の特徴についてです。
子供のアスペルガー症候群の対応
子供のアスペルガー症候群の対応についてです。
アスペルガーの子供がしつこい時はどう対応すれば
アスペルガーの子供がしつこい時はどう対応すればについてあれこれです。
アスペルガー症候群の赤ちゃんの特徴は
アスペルガー症候群の赤ちゃんの特徴はについてです。
子供のアスペルガー症候群の特徴と対応方法について
子供のアスペルガー症候群の特徴と対応方法についてです。
アスペルガー症候群の子供の学校生活の送り方
アスペルガー症候群の子供の学校生活の送り方についてです。