軽度アスペルガーの特徴について

スポンサーリンク
近年、テレビや雑誌などでも耳にする機会が増えたのがアスペルガー症候群という言葉です。

 

アスペルガー症候群は、社会性やコミュニケーションに問題があるといわれています。

 

コミュニケーションや興味があるものに大きなかたよりが見られることから、それによって生活にさまざまな支障をきたしてるのです。

 

その原因は、今のところはっきりとした定義がなく、最近になり脳の障害の一つであることが発見され、その原因が遺伝によるものなのか、環境によるものか、出産時の問題なのかわかっていないのです。

 

アスペルガー症候群は、明らかな知能低下がみられないことから、周囲から気づかれにくく、空気が読めない、コミュニケーションが人とうまく取れない、悪意はないのに人を怒らせてしまうことが多いなどの特徴的症状があり、周囲から孤立しやすく、辛い思いをしている人は少なくないのです。

スポンサーリンク

アスペルガー症候群には、人付き合いがうまくできない対人関係障害、相手の立場になって考えることが困難な想像力の障害、限定された興味やこだわり、不器用や感覚過敏などの特徴があります。

 

また、軽度の場合には周囲はもちろん、本人ですら気づかないで成長し、過ごしている場合が多くあります。

 

社会生活ができない特異な症状として、とらえられてしまう症状でも軽度では、一部分だけが目立っていたり、浅く広く全体的に特徴が現れたりするのです。

 

軽度の方の中には、人間関係がうまくいかずに、生きづらさを感じながら生活している人や二次疾患を併発してしまう人、アスペルガー独自の才能を発揮して活躍している人など、さまざまな人がいます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加