アスペルガー 特徴 子供 対応

子供のアスペルガー症候群の特徴と対応方法について

スポンサーリンク

 周りから誤解されやすい「少し変わった子供」はひょっとするとアスペルガー症候群の子供かもしれません。
周囲からは親の育て方が悪いなどの批判をされがちですが、遺伝的要因や妊娠中や出産時、出生後のごく早期の何らかの障害のために脳の一部に障害が起きたのだろうと考えられています。
ですから、しつけなどの後天的な要因によるものではありません。

 

アスペルガー症候群の子供と接する時の大人の対応を知るには、まず特徴を知ることから始めます。

 

・他の人と社会関係を持ちにくい特徴があります。

 

 一言でいえば、人の中で浮いてしまうということです。
接し方のルールが分からず、相手の嫌がることでも平気で言ってしまいます。

 

・想像力と創造性に問題があります。

 

 興味の範囲が限られていて自分の関心があることには非常に深くのめり込み、他のことは知らん顔をしています。
想像力が無いため、言葉に含まれる意味を理解することが苦手で、いわゆる空気が読めないのです。

スポンサーリンク

 

ではアスペルガー症候群の子供とはどのようなことに気をつけて対応をとればよいのでしょうか。

 

大切なことは困った行動や風変わりな行動をとっても「ふざけている」というように取らないことです。

 

・ルールや指示、予定は明確に伝えます。

 

 予測できない変化に対して苦痛を感じるため前もって予定を伝え、安心させてあげます。
暗黙のルールを理解しることが困難なため、曖昧な指示はせず、明確に伝えます。

 

・できるだけポジティブに接します。

 

 記憶力がよく、否定的な言葉に敏感なため、後々まで尾を引きがちになります。
また大きくなると多くの子供との違いに気づき、自信を無くすケースがあり、そうならないように、できるだけ褒めて認めてあげましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

子供のアスペルガー症候群の特徴
子供のアスペルガー症候群の特徴あれこれです。
アスペルガー症候群を持つ幼児の幼児期の特徴は
アスペルガー症候群を持つ幼児の幼児期の特徴は?についてです。
アスペルガー症候群の幼児の特徴
アスペルガー症候群の幼児の特徴についてです。
子供のアスペルガー症候群の対応
子供のアスペルガー症候群の対応についてです。
アスペルガーの子供がしつこい時はどう対応すれば
アスペルガーの子供がしつこい時はどう対応すればについてあれこれです。
アスペルガー症候群の赤ちゃんの特徴は
アスペルガー症候群の赤ちゃんの特徴はについてです。
アスペルガー症候群の子供の学校生活の送り方
アスペルガー症候群の子供の学校生活の送り方についてです。