アスペルガー 幼児 特徴

アスペルガー症候群の幼児の特徴

スポンサーリンク

 アスペルガー症候群の子どもは、人とのコミュニケーション能力に障害があるという自閉症の特性を持っているのですが、言葉や知的な遅れがないので障害に気づかないまま大人になってしまうということも多いのです。

 

本人も気づきにくい、人から気づかれにくい障害のために、本人は周囲から誤解されやすく、疎外感や孤独感を募らせていることも多いのです。
アスペルガー症候群の子どもの特徴や、どのように接するのが正しい対応なのかを取り上げてみます。

 

アスペルガー症候群の幼児も、普通の幼児と同じように言葉を話せます。
しかも部分的には高い能力を持っていることがあるので、障害を見逃しやすいのです。
ある程度成長しないと分かりにくい障害ですが、兆候は赤ちゃんのころからあらわれています。

スポンサーリンク

 

赤ちゃんの時から抱っこしていても目を合わせなかったり、一人で部屋に置いていても泣かない、長時間静かにしている、また一人でばかり遊んでいる、言葉は話すことができるのに会話がかみ合わないなどといった特徴がみらます。
また、抱っこや触られるのを嫌がったり、人見知りがなく、初対面の人でも平気だったりなどもあらわれます。
しかし特徴は様々あり、あらわれかたはひとりひとり異なるので、心配な場合は専門家へ相談してみることが大切です。
アスペルガー症候群の特性は脳のかたよりから起こっているので、本人の努力でどうにかなるものではありません。
無理に矯正しようとせずに、あありのままに子どもを受け入れて、成長を見守ることが大切なのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

子供のアスペルガー症候群の特徴
子供のアスペルガー症候群の特徴あれこれです。
アスペルガー症候群を持つ幼児の幼児期の特徴は
アスペルガー症候群を持つ幼児の幼児期の特徴は?についてです。
子供のアスペルガー症候群の対応
子供のアスペルガー症候群の対応についてです。
アスペルガーの子供がしつこい時はどう対応すれば
アスペルガーの子供がしつこい時はどう対応すればについてあれこれです。
アスペルガー症候群の赤ちゃんの特徴は
アスペルガー症候群の赤ちゃんの特徴はについてです。
子供のアスペルガー症候群の特徴と対応方法について
子供のアスペルガー症候群の特徴と対応方法についてです。
アスペルガー症候群の子供の学校生活の送り方
アスペルガー症候群の子供の学校生活の送り方についてです。