アスペルガー 対応 子供

子供のアスペルガー症候群の対応

スポンサーリンク

親が子供の異変に気付きアスペルガー症候群ではないかと疑ったとしても年齢が低ければ低い程判断する事は難しくなります。

 

目立った知能低下もなく逆に知能が高い場合もありそれが性格や個性による可能性も考えられるからです。

 

アスペルガーの子供の特徴とは、空気が読めない、多動、集中力が無い、集団生活に溶け込めない、集団生活からの孤立等で周囲からは変わった子供だと見られてしまいます。

 

乱暴な一面を持っている場合も多く暴力や暴言により学校でのトラブルが絶えないと言うケースも多く見受けられます。

 

しかし時に天才的な能力を発揮する子供もおり、数学や楽器、漢字等自分が興味を持つものに関しては年齢相応ではない天才的な記憶力と情報量を持ち周囲を驚かせます。

スポンサーリンク

 

このアスペルガー症候群を持つ子供への対応で一番大切なのは、まず親がどっしりと構える事です。

 

ショックのあまりイライラしてヒステリックになり叱りつける対応を繰り返していては更に症状を深刻化させてしまいます。

 

我が子がどの様な事にストレスを示すのか、どの様な事に興味があるのか等を具体的にノートに書き出し幼稚園や学校にも具体的な説明をしていく必要があります。

 

そして日常生活の中で駄目な言動や行動をとった場合には、感情的に叱りつけるのではなく何故駄目なのかを具体的に説明し根気よく向き合っていく必要があります。

 

そしてこの病は長年かけて我が子と向き合っていく必要がある為に家族全員での助け合いが必要です。

 

周囲にこのアスペルガー症候群に対しての理解を求める事も忘れてはなりません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

子供のアスペルガー症候群の特徴
子供のアスペルガー症候群の特徴あれこれです。
アスペルガー症候群を持つ幼児の幼児期の特徴は
アスペルガー症候群を持つ幼児の幼児期の特徴は?についてです。
アスペルガー症候群の幼児の特徴
アスペルガー症候群の幼児の特徴についてです。
アスペルガーの子供がしつこい時はどう対応すれば
アスペルガーの子供がしつこい時はどう対応すればについてあれこれです。
アスペルガー症候群の赤ちゃんの特徴は
アスペルガー症候群の赤ちゃんの特徴はについてです。
子供のアスペルガー症候群の特徴と対応方法について
子供のアスペルガー症候群の特徴と対応方法についてです。
アスペルガー症候群の子供の学校生活の送り方
アスペルガー症候群の子供の学校生活の送り方についてです。