アスペルガー症候群 大人 診断

最近では大人のアスペルガー症候群の診断例が増えています

スポンサーリンク

 アスペルガー症候群は自閉症とは異なり、知的な発達の遅れはない社会的に支障が伴う広汎性発達障害のことを指します。
対人に関する障害がみられること、興味や行動が限定的であること、上記の2つが本人の社会生活に支障をきたしていること、知的能力等の明らかな遅れがないこと、その他の広汎性発達障害の症状や統合失調症等の症状がみられないことがこの障害の診断基準となっています。
しかし、実際アスペルガー症候群を診断できる精神科医は少ないとされています。

 

 また、以前この障害は子どもによく見られるものとされていましたが、最近では大人においても見られています。
大人の場合は特に就労といった場面に支障がきたしやすいとされています。

スポンサーリンク

 

 アスペルガー症候群は知的障害を伴わないだけに、普通の人と間違われやすいという特徴を持っています。
そのため、他者だけでなく、本人もその障害に気付かないケースも多くあります。

 

 また、学生時代はその障害に気付かなかったものの、社会人になってその障害に気付くケースも多くあるとされています。
つまり、アスペルガー症候群は、特に就労という場面において障害がでやすいことが特徴として挙げられます。
社会人になると大抵のケースでは他の人間と協調して仕事をこなすことが求められますが、アスペルガー症候群の人の場合、対人関係の障害を抱えているため、そこで壁にぶち当たるケースが多いとされています。
したがって、それらの人の社会生活を実現させるためにも障害特性を踏まえた就労支援の重要性が唱えられるのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

アスペルガー診断テストについて
アスペルガー診断テストについてあれこれです。
簡単にできるアスペルガー症候群のチェック
簡単にできるアスペルガー症候群のチェックあれこれです。
アスペルガー症候群の診断は病院の何科で受けれるのか
アスペルガー症候群の診断は病院の何科で受けれるのかあれこれです。
アスペルガー症候群の診断方法は
アスペルガー症候群の診断方法は??についてあれこれです。
大人のアスペルガー症候群をチェックする
大人のアスペルガー症候群をチェックするについてです。
成人ならば大人のアスペルガー診断を受けてみる
成人ならば大人のアスペルガー診断を受けてみるについてです。
女性のアスペルガー症候群診断
アスペルガー症候群についてです。
夫はアスペルガー症候群?診断してみよう
アスペルガー症候群についてです。