発達障害 3歳 程度

発達障害の3歳の程度は?

スポンサーリンク

発達障害の3歳の程度は?

 

子どもを育てるとき、親の立場では子供が問題なく育つかどうかが心配になりますよね。友達や先生との関係が大事なことから、なるべく子供がうまくやっていけるよう、願うことは多いでしょう。そんな親の立場で心配になることは、発達障害です。

 

発達障害になると、周りの子供と遊んだり、人間関係を学んだりする上で困ることが多くあります。まだ子供が幼いうちはなかなか見つけにくいので、ある程度年齢が進んだところで初めて気づいた、などというケースもあります。子供に負担をかけないためにも、早めに発達障害のサインに気づいてあげたいものですよね。

 

そこで、3歳児の段階でわかる発達障害の程度についてお話します。

 

一番特徴的なのは、言語能力です。3歳になるとある程度の言語能力や会話能力がついてくるので、それに遅れを感じるのであれば発達障害の可能性があるかもしれません。特に自閉症の場合だと、3歳の段階で言語能力の遅れがはっきりと出てくるようです。

スポンサーリンク

例えば、発音やイントネーションがおかしい場合です。子供のうちはまだ舌足らずですが、周りの大人の真似をしながら正しい発音やイントネーションを学んでいきます。それでもなかなか話し方が直らない、舌が回らない状態になると、発達障害の可能性が考えられます。

 

言葉が出てくるまでに時間がかかる場合も同じです。自閉症の場合、2語3語続けて言葉を言うのが遅くなります。言葉の間で高い音を出すこともあり、頭の中で整理して言葉を出すのに苦労するようです。

 

同じように発達障害とされる「アスペルガー症候群」では、このような言語の遅れは見られません。従って、言語による発達障害のサインが見られる場合、自閉症の可能性が考えられます。

 

ただ、ここで言語の遅れはあるものの、一生改善されない、という訳ではありません。家庭や専門家による療育によって、学校に上がる頃には問題ないレベルに改善することができます。焦らず根気よく療育に励むことが大事です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加