アスペルガー お金 執着

アスペルガーはお金に執着する?

スポンサーリンク

アスペルガーはお金に執着する?

 

脳機能の障害による、自閉症の一種とされる「アスペルガー症候群」。知能的にはほとんど問題がありませんが、人間関係の構築が苦手なため、友人との付き合いや恋愛が難しくなることがよくあります。

 

アスペルガー症候群は、主に人間関係に問題が出やすいものだとのイメージが強いのですが、ものに対しての問題行動も見られるようです。特に、「アスペルガー症候群の人はお金への執着が強い」とのイメージを抱かれているようですね。

 

ここで、アスペルガー症候群になるとお金に執着しやすいのか、探ってみましょう。

 

アスペルガー症候群の場合だと、お金にひどく執着するか、無頓着かのどちらかに分かれます。人間関係においても、好きな人はとことん大事にするタイプですが、興味がない人とは全く関わろうとしません。そうした人への関心の持ち方がお金にも反映されると考えられます。

スポンサーリンク

お金に執着する場合は、ちょっと常識を逸するほどにこだわります。浪費をとにかく避けるのはもちろん、自分や他人に対してもお金を遣おうとしません。自分にとってお金はとても大事なので、できる限り自分のもとで守っておきたいと思うからです。それ自体には問題はありませんが、例えば友人や恋人、配偶者へのプレゼント代なども惜しいと思ってしまうので、「守銭奴」「ケチ」などと思われることもあるそうです。

 

一方、無頓着な場合はいくら使おうがなくなろうが全く気にしません。自分がどれだけお金を持っているかは関係なしに、欲しいものをどんどん買っていくタイプです。そのため、お金を湯水のように使う浪費家の印象が強いとされています。家庭を持っている場合ではお金に対してあまりの無頓着さに不満が出るかもしれません。

 

ただ、ここでアスペルガー症候群だからお金に執着する、散財する、という訳ではないことに気をつけてください。普通の人でも同じようなお金の捉え方をする人は少なくありません。家庭などで不満が出る場合は、相手を刺激しないように注意して、ある程度のお金を家族で管理するといいでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加