アスベルガー症候群 症状 特徴 治療法 接し方

アスペルガー、自閉症には天才が多い?才能の見つけ方

スポンサーリンク

アスペルガー、自閉症には天才が多い?才能の見つけ方

 

人間関係での上手なやり取りが苦手となる、「アスペルガー症候群」。普通にコミュニケーションをとることが苦手なので、人間関係で苦労することが多く、また差別的な目で見られることが多くあります。

 

しかし、アスペルガー症候群や自閉症は、悪いことばかりではありません。他人と上手に関われないのは残念ですが、その分天才型のタイプが多く存在するからです。歴史上の偉大な人物や、有名なスポーツ選手、経営者や俳優など、アスペルガー症候群や自閉症の傾向がある人は少なくありません。

 

では、どうしてアスペルガー症候群や自閉症の人には天才が多いのか、そしてその才能の見つけ方についてお話します。

 

アスペルガー症候群や自閉症など、人間関係や興味のないことには全く関心を示さない反面、好きなものや興味があることには常人を超えた熱意で取り組み、圧倒的な集中力を発揮します。特に子供の場合、その才能や情報量で大人を超えることも多くあります。

スポンサーリンク

また、好きなものにかける努力の量や、向上心が普通のレベルを超えている、ということもあります。「好きこそものの上手なれ」という感じでしょうね。普通ならば、いくら好きなものでも多少の苦労や努力をすることを苦しく思うこともありますが、アスペルガー症候群や自閉症の場合では全く苦しいと思いません。普通では考えられないほどの努力を黙々とこなせてしまうのがすごいところです。

 

このように将来性や自尊心につながる性質があるならば、ぜひ幼いうちから取り組ませてあげたいですよね。得意分野に気づくには、まず子供がどんなことが好きか観察してみることです。幼いうちだとコミュニケーション能力の欠如ばかりが目に映るので、それには目をつむって、普段どんなことに集中しているか観察してみましょう。

 

また、才能で育っていく上でのある程度の人間関係は必要となります。そのためにも、無理のない程度にコミュニケーションがとれるように教えることが大事です。最低限相手に失礼がないよう、具体的に教えていきましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加