孤立型 アスペルガー 恋愛

孤立型のアスペルガーの恋愛

スポンサーリンク

孤立型のアスペルガーの恋愛

 

他人との円滑な人間関係を築くのが難しいと言われている、「アスペルガー症候群」。普通の友人関係でも困難を極めるのですから、恋愛となったらどうなるのでしょうか。

 

アスペルガー症候群では人間関係の構築が困難となりますが、決して恋愛をしないというわけではありません。確かに感情を持っているので、誰かを好きになったり胸キュンしたりと、恋愛にもある程度興味を持っています。

 

中でも、他人に興味がないと言われる孤立型のアスペルガー症候群。アスペルガー症候群にも様々なタイプがありますが、孤立型はとりわけ他人に興味を持たないと言われています。

スポンサーリンク

もちろん、恋愛をするときにはしっかりしますが、何しろ他人に興味がなくて受け身なので、恋愛関係になったら相手にリードされる形で発展していきます。ただ、受け身な姿勢が悪いという訳ではありません。このタイプのアスペルガー症候群の人は、多少相手が自由な行動を取っても特に不満に思わないからです。その分、自分の好きなようにすることは自分で出来てしまいます。ある意味要領がいいので、縛られすぎない自由な恋愛を求める人には居心地のいい相手なのかもしれません。

 

ただ、相手の感情を汲み取るのが非常に苦手です。相手が感動していても、ロマンチックな気分になっていても、当の本人はポーカーフェイスでいることが多くあります。ここでもっと感情を出すように迫ることは逆効果であると覚えておきましょう。もともと感情表現が苦手なので、それを得意にしろと言うのは本人にとって酷な話です。淡々としていても感情を持っていますし、別にあなたの態度に白けているわけでもありません。あなたはあなたでその気分を楽しんでいれば、本人も満足です。

 

色々と大変に思われるアスペルガー症候群の恋愛。でも、表面上だけでは計りきれない愛情があります。多少淡々としているけれど、中身が伴った恋愛をしたい場合には、すんなりと楽しめることでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加