おとな 女性 アスペルガー症候群

おとなの女性にとってのアスペルガー症候群

スポンサーリンク

おとなの女性にとってのアスペルガー症候群

 

他人との関わりが極端に苦手だとされる、「アスペルガー症候群」。男女比率としては圧倒的に男性の方が多いのですが、女性の生きる環境を考えると、実際に女性の方が苦労するのかもしれません。

 

というのは、男性はそれほど社会生活を必要としないからです。もちろん、仕事上では他人と関わる機会が必然として出てきますが、比較的割り切って考えることができます。しかし、女性の場合、内輪的な付き合いをする必要もあるので、その点男性よりストレスを感じる部分が多いようです。

 

特に、大人になったらなおさらですよね。ここで、大人の女性にとってのアスペルガー症候群の辛さについてお話します。

 

第一に、女子特有のつながりです。ある程度大人になってくると、女子会やガールズパーティーなどの集まりなどがよく開催されます。友人関係で頻繁に開催されるものが多く、人間関係の付き合いが苦手だとなかなか苦痛なものですよね。参加してもその場の空気を壊してしまいかねないし、断り続けると疎遠にされるかもしれません。そのジレンマは普通の女性でも辛いのですから、アスペルガー症候群だとなおさらです。

スポンサーリンク

女性特有の同調圧力があるような集まりだと、かえって苦手なのかもしれませんね。自由奔放だけれど寛容なタイプの女性となら、案外楽しく過ごせるのかもしれません。

 

結婚して子どもを育てる場合も、女性は人間関係で苦労する傾向が強いです。というのは、子供を育てていくには周りとの円滑な人間関係が必要となるからです。子供が幼いうちはママ友の付き合いがありますし、学校に通う頃には先生やPTAとの付き合いも上手くこなさなければいけません。アスペルガー症候群の場合、円滑にやりすごす自信がなく、それがストレスになる場合もあります。

 

ストレスをなくすには悩みすぎないことが一番ですが、それでも無理な場合はほかの人に代わってもらうのがいいかもしれません。出来る限りで構わないので、笑顔で挨拶くらいは頑張ってみるのをおすすめします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加