発達障害 顔 特徴

発達障害は顔に特徴があらわれる?

スポンサーリンク

発達障害は顔に特徴があらわれる?

 

何かと不自由を感じることの多い、発達障害。本人も家族も不安になりますよね。実際、発達障害かそうでないかは、言動はもちろん外見的な特徴から判断することもできます。一概に決め付けることはできませんが、発達障害の場合、顔に特徴があらわれる場合があります。

 

特に、最近話題の「アスペルガー症候群」などでは、多くの人が綺麗な顔立ちをしている、と言われることがあります。美しく整っていて、人工美のような端正な感じがするのだとか。男性なら女性のような顔立ち、女性なら美少年的な美しさが見られ、中性的な美しさとも言えるでしょう。

 

ただ、アスペルガー症候群の場合はほとんど喜怒哀楽を顔に出しません。綺麗な顔立ちの人がいつも無表情でいるのですから、周りからみてちょっと異様な感じが否めない、ということがあるのかもしれません。

スポンサーリンク

また、美的感覚も独特です。まず周りと合わせるということをしないので、はやりのメイクやファッションなどには無頓着な傾向があるとされています。ナチュラルメイクのままで十分綺麗なのに、奇抜なメイクや髪型を選ぶなど、普通とはちょっと違う装いを好むようです。ただ、そうした格好でも十分似合うのがすごいところです。

 

顔立ちが若い、というのもひとつの特徴です。知的障害が重い場合でない限り、発達障害の人の顔の特徴を一般的に捉えると、「童顔が多い」と言われることが多くあります。そのため、いつまでも若く見られることが多く、綺麗な顔立ちも相まって、モテることもしばしばです。

 

この場合だと、外見的な美しさと同時に美的感覚もユニークなので、モデルなど外見を生かした仕事が向いているのかもしれません。ちょっと周りと浮く場面がありますが、それが華やかな世界でやっていくための資質になることもあります。また、他人とのコミュニケーションが苦手な分、好きなものに対しての才能や熱意はすごいものです。得意分野を活かして社会生活をすると、充実した生活を送れる可能性が高いです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加