女性 アスペルガー症候群 特徴

女性のアスペルガー症候群の特徴とは?

スポンサーリンク

 女性のアスペルガー症候群の特徴とは?

 

最近、話題になることの多くなった「アスペルガー症候群」。

 

アスペルガー症候群とは、自閉症の一種だとされています。社会的活動や人間関係の構築を苦痛に感じたり、コミュニケーションを異常に苦手に感じたり。想像力の欠如から、そのつもりがないのに相手を傷つけたり怒らせてしまったり、ということもあります。

 

症状に男女差はあまり見られませんが、成長の過程や環境によって違いや問題も変わってくるようです。ここで、女性のアスペルガー症候群の特徴についてお話します。

 

男性の場合だと、幼児期の段階からアスペルガー症候群の傾向を見ることができます。それに対して女性がその傾向に気づくのは10代以降となり、男性よりは遅い段階になることが多いそうです。これは、男性より女性の方が社会活動の中で馴染めるようにある程度の努力ができるからだと考えられています。

スポンサーリンク

しかし、現代社会との共存、という意味では女性の方が男性より苦労する傾向が強いそうです。男性は主に単独行動が主ですが、女性はお互いのネットワークを築き上げながら社会に適応していく必要があるからです。どうしても他人との関係をうまく回す必要があるので、コミュニケーションが苦手なために困難が生じる場合もあります。

 

育児や子供の学校などでの立ち回りにその必要性が出てきます。育児をするのであれば子供に愛情ある母親の姿を見せる必要があります。無表情で子供に接すると子供の発育に影響が出るかもしれない・・・と悩むママも少なくありません。保育園や幼稚園などに通うこととなったら、ママ友との付き合いも大事になってきます。進学する頃には学校の先生とも円滑なコミュニケーションをこなさなければなりません。

 

こうした苦しさから楽になるには、あまり苦手意識を持ちすぎないことがベストです。アスペルガー症候群をコンプレックスにしていると、さらに人間関係でトラブルを起こしやすくなってしまいます。どうしても苦痛ならほかの人に代わってもらうのがいいかもしれません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加