アスペルガー 仕事 できない ミス

アスペルガーは強みを活かし、ミスと「できない」を減らして仕事を増やす

スポンサーリンク

 アスペルガー症候群の人が青年期を迎える際に課題の一つとなるのが「仕事ができるかどうか」ということです。
また、仕事に就くこと自体はできたとしても「仕事ができない」「ミスするのでは」といったことが一般的な関心事として挙がってくることがあります。

 

まずアスペルガー症候群だからといって「できない」と決めつけてはいけません。
必ずできること、長けていることがあるため強みを活かすことが大事です。
そしてミスについては、ミスそのものを責めるのではなく、具体的に改善点を示すことでクリアすることができる可能性が高まります。

 

アスペルガー症候群をはじめとする発達障害の人の多くは、得意分野は標準以上の力を発揮することがよくあります。
弱みを改善しようとするよりも、強みを活かすことがアスペルガー症候群の人が仕事をする上で大事なことでしょう。

スポンサーリンク

 

もしもアスペルガー症候群の人が、これまでできていたのに仕事ができない状態になったり、あるいはミスが増えてきた場合にはどのようなポイントでその人を見るといいかについて述べます。

 

一つ目は「環境の変化」です。
発達障害者は環境の変化に弱かったり、あるいは非常に敏感だったりします。
一般的には「大したこと」でなくても、発達障害者にとっては大変な変化である場合もあります。
周囲の変化によってしんどくなっていないかどうかを本人に話を聴いてみることも重要になります。

 

もう一つは「こまめなコミュニケーション」です。
発達障害者はコミュニケーション面にしんどさを抱えていることがあり、本当は言いたいことがあるが上手く言い表せなかったり、本意でないことを言ってしまったりすることがあります。
じっくりと話を聴ける時間を少しでも取ったり、あるいは本人に合った方法でこまめにコミュニケーションを取ることで安心感が高まります。

 

「できない」で終わらせずに「できる」ことを増やしていくことが本人にとっても職場にとっても利益になります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

アスペルガーの人に向いている仕事を選択する大切さ
アスペルガーの人に向いている仕事を選択する大切さについてあれこれです。
アスペルガー症候群の仕事をする大人の特徴は
アスペルガー症候群の仕事をする大人の特徴についてあれこれです。
仕事の効率の悪いアスペルガーの人の特徴は
仕事の効率の悪いアスペルガーの人の特徴についてです。
アスペルガー症候群は仕事が遅い?
アスベルガー症候群の症状の特徴や治療法や接し方あれこれです。