アスペルガー 遺伝 確率

アスペルガー症候群が遺伝する確率は

スポンサーリンク

 アスペルガー症候群は原因は不明であるとされている発達障害ですが、データから遺伝性の高い発達障害です。
そのため、親が発達障害である、そうでなくても親戚に発達障害の人が多い、そのような家系であると子どももアスペルガー症候群である確率がとても高いです。
このようにアスペルガー症候群が子どもに遺伝する確率はどれくらいなのでしょうか。

 

これに関しては現在、20%、つまり5人に1人程度で遺伝すると言われています。
現在であると、この発達障害の診断を受けていなくてもそのような症状のある人、そのような症状であるけれども発達障害と診断するほどでもない、いわゆる「グレーゾーン」の人も存在しているため、確実なデータであるとは言えませんが、このくらい高い確率で遺伝するとされています。

スポンサーリンク

 

特に、両親がどちらもアスペルガー症候群だけでなくADHDなどといった発達障害を持っている場合、子どももそのような発達障害を持って生まれる可能性がとても高いです。

 

そのような家庭である場合、事前にそのような状況になることは予測が出来るので、少しでもそのような兆候があるのであれば早い段階から小児科や小児精神科などで診断を受け、早い段階で療育を行うことで幼稚園や保育園、小学校に通うようになる際に周りに迷惑をかけない行動が出来るようになるので、早めの療育をオススメします。

 

また、近くに発達障害支援センターなどといった発達障害をサポートする施設があるのであれば、そのような場所で専門家に相談することもオススメします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

アスペルガー症候群の原因は
アスペルガー症候群の原因あれこれです。