アスペルガー 子供 チェック

子供のアスペルガーのチェックの方法

スポンサーリンク

 アスペルガー症候群とは、明らかな認知の発達、言語発達の遅れがあるとは限らず、特定の分野での知的能力が高い場合もあります。
アスペルガー症候群は、発達障害の1つで相手の表情が読み取れなかったり、人との距離の取り方や話しかけ方が不自然だったりすることが特徴です。
原因は、先天的な脳の機能不全による障害と言われています。
脳のどこに異常があるか分かってなく、親の育て方によるものではありません。
特徴は、親しい友人関係を築けない、興味の対象が変わっている、冗談・比喩・皮肉がわからない、暗黙のルールがわからない、からだの使い方が不器用などがあります。
アスペルガーは約4000人に1人いると言われ、男性の方が多い傾向があります。

スポンサーリンク

 

子供のアスペルガーは、知能や発達に遅れが無いことから、気付くのが難しいものでした。
しかし近年では子供の特徴がわかるようになってきました。
特徴としては、一人遊びばかりする、同じ遊びを繰り返す、行動がパターン化し融通がきかない、集団行動が苦手などがあります。
このような子供は集団生活の中ではストレスを溜めやすいので、特徴を理解して早期に支援をすることが必要になります。
アスペルガーをチェックするには行動を観察して特徴が当てはまるかを見ます。
チェックする特徴は、人の言うことを鵜呑みにする、暗黙のルールが通じない、スケジュール管理ができない、冗談が通じない、一度に2つのことが出来ない、友人を作れない、話し出したら止まらない、などがあります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

子供のアスペルガーを診断する材料とは
子供のアスペルガーを診断する材料とはあれこれです。
子供のアスペルガー症候群をチェック
子供のアスペルガー症候群をチェックについてです。
アスペルガー症候群の幼児の診断テスト
アスベルガー症候群の症状の特徴や治療法や接し方あれこれです。