アスベルガー症候群 症状 特徴 治療法 接し方

アスペルガー症候群の特徴やしつこい対応【子供・幼児・赤ちゃん・学校】記事一覧

 アスペルガー症候群は先天性の脳の機能障害の一つになります。この病気の子供における特徴は、言葉を使った社会的なコミュニケーションが苦手になります。会話のキャッチボールが出来ないで一方通行になってしまう場合もあります。他には表情を読むとか場の状況を読む事も苦手になります。思ったことをそのまま言ってしまうのも特徴的になります。このアスペルガー症候群は、自閉症と並んで主要な位置を占めています。自閉症の場...

アスペルガー症候群をはじめとする発達障害は幼児期に診断されることが多いです。そのような発達障害の診断を受ける幼児の特徴にはどのようなものがあるのでしょうか。まず、幼稚園や保育園に通いだすので、他の友達と遊ぶ機会が幼児期であると一気に増えますが、それによって周りの子どもとの差が顕著になります。その差において、落ち着きがない、自分の思い通りにならないと泣き出したり、無理にわがままを通そうとするといった...

 アスペルガー症候群の子どもは、人とのコミュニケーション能力に障害があるという自閉症の特性を持っているのですが、言葉や知的な遅れがないので障害に気づかないまま大人になってしまうということも多いのです。本人も気づきにくい、人から気づかれにくい障害のために、本人は周囲から誤解されやすく、疎外感や孤独感を募らせていることも多いのです。アスペルガー症候群の子どもの特徴や、どのように接するのが正しい対応なの...

親が子供の異変に気付きアスペルガー症候群ではないかと疑ったとしても年齢が低ければ低い程判断する事は難しくなります。目立った知能低下もなく逆に知能が高い場合もありそれが性格や個性による可能性も考えられるからです。アスペルガーの子供の特徴とは、空気が読めない、多動、集中力が無い、集団生活に溶け込めない、集団生活からの孤立等で周囲からは変わった子供だと見られてしまいます。乱暴な一面を持っている場合も多く...

 子供と遊んでいるとしつこいくらいに話しかけてくる子供に出会うことがたまにあります。これはいわゆる「放置子」と言われる子供なのですが、家庭に問題がある子だけでなく、アスペルガー症候群の子も多いです。それがなぜかというと、アスペルガー症候群は遺伝性の強い病気であり、親もそのような兆候があり、子を放置していても問題視をしないためです。もちろんアスペルガー症候群であってもしっかり子の面倒を見ている家庭が...

 発達障害は基本的に赤ちゃんの段階では特徴はあるかもしれませんが成長してそのような特徴が無くなることも少なくはないので、2歳児くらいまでは診断が下りることは基本的にはありません。これに関してはアスペルガー症候群も同様です。それでは、赤ちゃんの段階で診断が下りなくてもアスペルガー症候群特有の兆候というものが出ることはあるのでしょうか。これに関しては、「グレーゾーン」と言えます。言葉が出るのが遅い、好...

 周りから誤解されやすい「少し変わった子供」はひょっとするとアスペルガー症候群の子供かもしれません。周囲からは親の育て方が悪いなどの批判をされがちですが、遺伝的要因や妊娠中や出産時、出生後のごく早期の何らかの障害のために脳の一部に障害が起きたのだろうと考えられています。ですから、しつけなどの後天的な要因によるものではありません。アスペルガー症候群の子供と接する時の大人の対応を知るには、まず特徴を知...

 アスペルガー症候群であると、人とコミュニケーションをとることが苦手であることが多く、子供も学校生活を送る上で人間関係を構築することが難しく、孤立してしまいがちです。そのような子供たちが楽しく学校生活を送るために家庭で意識すべきことはどのような点であるのでしょうか。まず、勉強に関してですが、アスペルガー症候群であると勉強が出来る子が多いです。というのも、ひとつの物事に対する集中力が人並みはずれてい...