アスベルガー症候群 症状 特徴 治療法 接し方

アスペルガー症候群診断テスト・チェック方法・病院何科【大人・成人・女性・夫】記事一覧

近年テレビや雑誌などでも耳にする機会が多いのが、アスペルガー症候群という名前です。アスペルガー症候群は、知能や言葉に遅れはないものの、社会性に支障が出やすく、他人との意思疎通が苦手な人のことをいいます。最近では、診断テストなる、アスペルガー症候群の人の特徴をまとめたものがあり、それに数多く当てはまる場合には一度病院に行くことをすすめています。その診断テストとは、人の話をなんでも鵜呑みにしてしまった...

 最近、自分や周りの人に何か違和感があったり意志の疎通ができてなかったりすることはありませんか。その原因は、じつは「アスペルガー症候群」かもしれません。忙しい方のために簡単にできる「アスペルガーチェック」をお教えします。まず、アスペルガー症候群とは自閉症の一つで知的障害はなく「社会性」にかかわる支障が生じる症状です。協調性や認識力、表現力や伝達が苦手とすることも含まれるので人を通じて大人になってか...

アスペルガー症候群をはじめとする発達障害の診断を受けたい場合、病院の何科に行けばよいのでしょうか。これに関しては、大人であると心療内科もしくは精神科、子どもであると小児科もしくは小児精神科となります。精神科であると、やはりそのような医療を専門としている病院が多いので敷居が高いと感じてしまうこともあり、そのような場合は心療内科を受けることをおすすめします。また、子どもの場合に関しては、大学病院をはじ...

 アスペルガー症候群は現在では子どもだけでなく大人にも多い発達障害のひとつであり、インターネットではチェックなども多くのサイトにあるので、気軽に自分で診断を行い、疑いがあれば病院に行くことの出来る発達障害です。このアスペルガー症候群の診断方法に関しては、これだけでなくどの発達障害も同様なのですが、方法がはっきりしておらず、カウンセリングなどを行い、その人の性格や行動などから発達障害の診断を下してい...

 アスペルガー症候群は自閉症とは異なり、知的な発達の遅れはない社会的に支障が伴う広汎性発達障害のことを指します。対人に関する障害がみられること、興味や行動が限定的であること、上記の2つが本人の社会生活に支障をきたしていること、知的能力等の明らかな遅れがないこと、その他の広汎性発達障害の症状や統合失調症等の症状がみられないことがこの障害の診断基準となっています。しかし、実際アスペルガー症候群を診断で...

アスペルガー症候群はADHDなどといった発達障害同様、近年注目されるようになった発達障害の一種であり、子どもの頃から人と会話をしたりといったコミュニケーションが苦手だったと言う人が大人になってから心療内科などといった病院で診断を受けることも増え始めていることから近年患者数も増えています。このアスペルガー症候群を疑った際にアスペルガー症候群チェックなどが近頃ではインターネットなどで見ることが出来るた...

 アスペルガー症候群は、成人になったからといってなくなるものではありません。知能の遅れなどがないので、大人になってから診断を受けて初めて分かるという人も珍しいことではありません。成人の場合でも、アスペルガー症候群には特徴があります。状況に合わない言動など、コミュニケーションがとりにくいので対人関係に問題が起きやすいです。大人になれば、様々な人とコミュニケーションをとる機会が増えます。何かが人とは違...

 女性のアスペルガー症候群診断「アスペルガー症候群」とは、自閉症の一種で脳の機能障害からくるものだとされています。「社会性の障害」「コミュニケーションの障害」「想像力の欠如」により、普通に人間関係の中で生きていくのが難しい、とされています。しかし、知能レベルでは普通と変わりなく、場合によっては通常レベルを超えている場合があるので、社会で生きていくのが難しい、というわけではありません。また、男女比で...

夫はアスペルガー症候群?診断してみよう結婚生活、最初は幸せ絶頂ですが、場合によっては時間が経つと違和感が出てくることがありますよね。恋愛中だった頃にはなかなか気づかない、家族として相手を見るようになったからこその違和感、「こんなはずじゃなかったのに」と思うこともあるでしょう。多少のズレなら理解できるものの、あまりの異様さに発達障害を疑うことも。そこで、旦那さんがアスペルガー症候群ではないか、ちょっ...